特徴紹介|かぜ インフルエンザ 胃腸炎 生活習慣病 胃カメラ 慢性肝疾患 予防接種 健康診断 健診|あさくらクリニック

当院の特徴紹介

診療内容

内科・小児科・消化器内科

内科・小児科
かぜ・インフルエンザ・胃腸炎、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)など内科疾患全般

消化器内科
食欲がない、胸やけがする、胃が痛いなど気になる症状のある方や、健診で胃カメラなどの精密検査をすすめられた方
肝炎などの慢性肝疾患のある方や、健診で肝機能異常を指摘された方 ウイルス性肝炎に対する治療も行っております。

通院困難な患者さんへの往診、産業医としての活動も積極的に行っております。

C型肝炎



C型慢性肝炎は放っておくと病状が進み、肝硬変に移行し、肝癌を発症する場合があります。そのウイルスを排除して、肝硬変への進展、肝がんの合併を阻止することが治療目標です。最近では飲み薬だけの治療が加わり、これまで治療できなかった高齢の患者さん、従来の治療が効かなかった患者さんや肝硬変の患者さんにも治療可能なケースがあり、治療の選択肢が広がりました。

飲み薬だけの治療はウイルスを排除する効果は高く、ウイルスの型などにより薬の違いはありますが、治療の第一選択となっています。

当院では、肝臓専門医が血液、腹部超音波検査などで肝臓の状態を評価し、適応のある方には内服だけのC型慢性肝炎の治療も行っています。

経鼻内視鏡検査・ピロリ菌の検査治療・ABC検診



経鼻内視鏡検査
内視鏡は直径約5mmで鼻から挿入でき、不快感や吐き気の少ない検査が可能です。(写真は鉛筆との比較です。)

以前経口の検査で苦しい思いをされ、内視鏡検査を躊躇されていた方はぜひご相談ください。

胃の痛み、胸焼け、食欲がないなどの消化器症状のある方は積極的に検査を受けましょう。(鼻からの検査に抵抗のある方、鼻に症状のある方は口からの検査ももちろん可能です。)当院では日本消化器内視鏡学会専門医が検査を行っております。

ピロリ菌の検査治療・ABC検診
ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の原因となり、胃がんや全身の病気などを引き起こす可能性があります。日本人のピロリ菌感染者は少なくとも3000万人以上で、特に50歳以上では半数近くにもなるとされています。
ピロリ菌に関連する疾患の治療及び予防のため感染者に除菌療法がすすめられています。
当院ではピロリの有無を診断する検査ができます。陽性の場合、除菌治療についても対応しています。

〈ABC検診〉
胃の粘膜の萎縮の状態とピロリ菌感染の有無を血液で検査し、胃の健康度(胃がんになりやすいかどうか)を評価します。

予防接種



お子さんの定期接種(ヒブ、小児用肺炎球菌、BCG、四種混合、麻しん・風しんなど)や任意接種(ロタウイルス、B型肝炎など)を行っています。
インフルエンザ、肺炎球菌などの任意接種も行っています。

予約制となります。

診療時間内にお電話でお問い合わせください。

また、乳幼児の予防接種のスケジュールのご相談も承ります。1ヶ月検診を終えたら、母子手帳を持参のうえ気軽にご来院ください。

健康診断・健診



  • 特定健診、がん検診、人間ドック
  • 労働安全衛生法に基づく健康診断(雇入時、定期健康診断)
  • 簡易な健康診断(問診、身長、体重、BMI、血圧、視力、尿検査、内科診察)
  • あさくらクリニック人間ドック
  • 上部消化管内視鏡検査
  • 腹部超音波検査
  • 血液検査(ABC検診、腫瘍マーカーなど)
  • 骨密度
など
予約制となります。詳しくはお問い合わせください。

このページのTOPへ